Greeting

ごあいさつ

  石 王  洋 美    Hiromi Ishioh

北海道帯広市生まれ。進学と就職で地元を離れ、2000年にUターン。本州や札幌などで過ごしたことで、それまで気づかなかった十勝の魅力を再認識する。20年のIT職の後、CATV局や新聞社事業局などのメディア職を経て、2020年、安田和美とともに彩まる合同会社設立。十勝はエネルギーを感じる場所です。自分を育んでくれた大好きな故郷が時代の変化にしなやかに適応し、将来も光る地域であり続けてほしい。彩まるの活動を通してそのお役に立てたら、こんなに嬉しいことはありません。

 

  安 田  和 美   Kazumi Yasuda

横浜で生まれ、40年間、潮の香りと共に生活する。30代のとき、ヨガ講師から哲学を学んだことで食生活を見直し、動物愛護や環境、健康のことを考えてベジタリアンとなる。2017年、都会の人混みに疲弊し、自然豊かな北海道十勝に移住。畑の広がる十勝でたくさんの野菜が食べられると期待するも、外食メニューには肉料理が多く、ベジタリアンであることの壁を実感する。そんなとき、Tokachi Diversity Project(彩まるの前身)と出会い、ベジタリアンであることを公言できるようになりました。食に制限がある方にも、北海道の食を満足して頂ける環境づくりを目指していきます。

 
 

History

沿革

2018年08月

「とかちイノベーションプログラム(帯広信用金庫主催)」第4期にて、

十勝の食の多様性に挑戦する任意団体「Tokachi Diversity Project」設立。

   09月

菜食のマーケティングを目的に「とかちベジフード試食会」開催。

     11月

JICA北海道の要請でインド政府関係者視察団にベジタリアン向けの食事を提供。

2019年02月

初めての自社製品「とかち焙煎野菜だし ごぼう」完成。

   09月

帯広市役所「スカイレストラン」の「十勝ビーガンベジランチ」の提供をサポートする。

   10月

「インバウンド&ベジタリアンセミナーinとかち」開催。

2020年05月

Tokachi Diversity Projectの発展形として、彩まる合同会社設立。

   06月

彩まるとしての商品第一弾「北海道のごぼうと椎茸で作った香りつゆ」完成。

   09月

「北海道のごぼうと椎茸で作った香りつゆ」をmakuakeにて販売開始。販売初日で目標金額の30万円を達成する。

   11月

「産直市場らららマルシェ」(音更町)で香りつゆの販売を開始

   12月

「makuakeストア」で香りつゆの販売を開始

「ヘルスバンク美容部」(帯広市)、「とかちむら産直市場」(帯広市)で香りつゆの販売を開始

2021年01月

香りつゆの賞味期限が3ヶ月から1年となる

   02月

「VEGANグルメ祭りONLINE MALL」に初出店する

   04月

「糠平温泉 中村屋」(上士幌町)で香りつゆの販売を開始

自社のオンラインショップをオープン

Profile

会社概要

社名

彩まる合同会社

設立

2020年5月

代表社員

石王洋美

所在地

北海道帯広市西11条北3丁目3番地2

事業内容

食品等の企画、開発、製造、販売
セミナー、講演会、料理教室等各種イベントの企画・運営
インターネット等を利用した各種情報提供サービス
通信販売業務